SPA!(スパ)

《疲れないカラダ》寝起きの疲れ・倦怠感をなくす、眼精疲労を癒す方法

 

疲れやすい、眠れない、集中でいない。

しっかり休んだつもりでも、なぜか疲労が抜けない中年期。

 

仕事も遊びもやる気が起きない…というかなんだか毎日ダルくて、カラダが重い。

そんな倦怠感を払拭するには、どうすればいいのでしょうか?

SPA!では中年の日々を覆う”疲れ”を吹き飛ばす極意を探っています。

 


疲れるのは「正しく疲れていない」から!


 

だるさや疲れを『年齢のせい』と一蹴するのは早計です。

元サッカー日本代表の中山雅史氏をはじめ、

数々のアスリートを指導してきたメディカルトレーナーの夏嶋隆氏はこう語ります。

「疲労を感じる大きな要因のひとつは、『疲れていない』ことです。逆説的な話ですが、疲れを取るには、正しく疲れることが重要。日中に良質な食事を取り、しっかり動いてカラダを疲れさせることが、良質な睡眠に繋がり、翌朝疲労が残らないスッキリした目覚めに繋がります」

 

現代人は、栄養過多なのに『ダルいから』と動かない

肉体的にカラダが疲れないので寝つきが悪くなる、睡眠の質も悪くなります。

結果、目覚めも悪いので朝起きたときに『疲れが残っている』と感じる、という負のサイクルにハマってしまいます。

 

特に最近は、外出自粛やリモートワークの導入でカラダを動かす機会が減り、

より疲れを感じやすい状態に陥っているようです。

 


疲れないカラダへの7STEP


 

SPA!では『疲れないカラダの7STEP』を特集しています。

 

  1. 眼精疲労対策…眼鏡選びのポイント
  2. 呼吸法、歩き方…〈吸〉〈呴〉〈呼〉
  3. 食で回復…漢方&究極の味噌汁
  4. 入浴法…半身浴か全身浴か
  5. 睡眠法…寝る前のNG行為とは?
  6. 心の疲れ…中年の心を再発見する
  7. 疲れ知らずの56歳…勝俣州和の極意!

 

今回は、『眼精疲労、眼の疲れ』についてピックアップします。

 


眼の疲れ


 

 

コロナ禍で今まで以上に酷使されるようになり、悲鳴を上げているのが、『眼』です。

眼精疲労や眼のピント調整に詳しい、医師の梶田雅義先生はこう話します。

「在宅勤務で近い距離を見続ける時間が増え、眼にとっては非常に過酷な環境になっているのです」

 

眼は自律神経に直結しているといいます。

普段、ものを見るときは、眼の筋肉である毛様体筋が収縮したり伸びたりして

水晶体を調整してピントを合わせます。

PCなど近くを見るときは、毛様体筋が縮んで水晶体を厚くします。

そして、この毛様体筋を司るのが、自律神経。

 

「近くを見るときは、副交感神経が優位いなって毛様体筋が縮み、遠くを見るときは交感神経が優位になり毛様体筋がゆるむ。PCに向かって仕事をするときは、おのずと交感神経が活発になるものの、眼は近くを見続けることで副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが崩れてしまう。

眼精疲労から眼の乾燥感、めまい、肩こり、頭痛、吐き気、ひどい場合はうつ症状を引き起こします」

 

では、眼の疲れを和らげる秘訣はなんなのでしょうか?

梶田先生によると、スマホを見るときは、10分に1回、1~2秒でいいので2~3m先を見ること。

自宅でなら座ったまま天井を見上げてもよいそうです。

首のストレッチにもなるので一石二鳥。

 

夜寝る前にはホットタオルで10分間、目元を温めるのも有効。

低温やけどをしないように、市販のアイマスクなどをつけたまま寝落ちしないように注意です。

 


 

本誌では疲れない眼鏡選びや、その他にも疲れないカラダへの7STEPが掲載されています。

こちらからお読みいただけます。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!