壮快

《週3回でOK》名医のスゴイ筋トレ

「一生元気に歩くことを目指す!」

 

健康長寿でいるにはやはり適度な運動が大切ですよね。

それはわかっているんだけど、なかなか続けられない。

そんな方へおすすめしたい、週3回でOK・薬より効く!?という名医8人のスゴイ筋トレ!

糖尿病、メタボ、腰痛、ひざ痛、尿もれなどをお悩みの方はぜひご覧ください。

 

今回は一生元気できれいに歩くことを目指す『ふくらはぎ筋トレ』をご紹介します!

 


転倒予防にもおすすめ!『ふくらはぎ筋トレ』


 

菅沼病院副院長の菅沼加奈子先生は、骨格のたいせつさを伝える講演会を全国で行っています。

先生自身、幼少期から原因不明の頭痛や腰痛といった多様な不調に悩まされてきました。

20歳を過ぎたころに、人の体を物理生物学的に解析する「構造医学」に出会いました。

骨格のゆがみをバランスよく整え、頭痛や腰痛、ひざ痛、肩こりといった

体の痛みやコリの解消法を学んだそうです。

 

そんななか編み出したのが「骨格体操」。

二十数年間、この骨格体操と、筋トレを併せて行っているそうです。

 

人間は筋肉が衰えると代謝が落ち、血液循環が悪くなります。

すると、太りやすくなったり、むくみや冷えを招いたりします。

先生は代謝が落ちやすい年齢になっても筋トレの成果で不調がないそうです。

 


菅沼先生のふくらはぎ筋トレ


 

『ゆっくり足首パタパタ』

(1)イスに座ってかかとをつけたまま、3秒かけて、できるところまで右足の足指を上に曲げる

(2)上げた右足の足指を3秒かけておろしつつ、左足の足指も同様に上へ曲げます

これを5回くりかえします。

 

『つま先立ち』

(1)イスの背もたれやテーブル、壁などにつかまる。両足の内くるぶしをぴったりくっつける

(2)内くるぶしをつけたまま、2秒かけてかかとをまっすぐ上げる。

このとき、足の親指(母趾)に荷重するように。そのあと2秒かけておろす。

これを5回くりかえす。

 


 

この二つの筋トレによって、体内でポンプの役割を果たし、

第二の心臓ともいわれるふくらはぎが主に鍛えられます。

そして、骨格のバランスも整えられるとのこと。

 

筋肉を鍛え、筋肉を支える骨格のバランスも整えることで

何歳になっても元気に歩くことを目指せるそうです。

 

他の7名の名医たちの筋トレもこちらからお読みいただけます。

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!