yoga JOURNAL(ヨガジャーナル)

《骨盤のゆがみチェックテスト》

骨盤のゆがみを改善してヨガを上達!

 

上半身の重さを受け止め、下半身に分散させる役割を担う骨盤は、姿勢の要。

同時に、子宮や膀胱、腸など内臓の受け皿となり、臓器を守る役目も果たしています。

 

「体にとって重要なパーツである骨盤には、正しい位置=ニュートラルポジションがあり、その位置を保てなくなると、体にさまざまな具合や不調を招きやすくなります」

と堀川ゆき先生は話します。

 

骨盤が正しい位置なら背骨が整い、見ため年齢もマイナスに!

今回はゆがみのチェックテストをしてみましょう!

 


骨盤のゆがみチェックテスト


 

 

(1)骨盤前傾タイプ

  • 腰の後ろの隙間を確認

壁に頭、背中、お尻をつけ、かかとを壁から5cm程離して立つ。

腰と壁の間に、手のひら1枚以上隙間があれば骨盤が前傾ぎみ。

 

  • 左右の上前腸骨棘と恥骨を結んだ三角形の向きを確認

骨盤の前に張り出した上前腸骨棘に手を当て、

恥骨結合と結んだ三角形の床に対する傾きを確認。

三角形の面が前に傾いていたら前傾ぎみ。

 

(2)骨盤後傾タイプ

  • (a)のチェックで指先しか入らない

手のひら1枚分の隙間がニュートラルポジション。

これより狭く、指先しか入らない場合は骨盤後傾のサイン。

 

  • (b)のチェックで三角形が上を向く

骨盤が後傾していると、

左右の上前腸骨棘と恥骨結合を結んだ三角形の恥骨側が前に出て、上向きの状態に。

 

(3)左右傾きタイプ

  • 腸骨稜の高さを確認

両手を腰に当てます。背面で親指が触れる骨の高さを確認。

骨盤が上がっているほうの腸骨稜が高くなっています。

 

(4)左右ねじれタイプ

  • 膝を左右に倒した感覚を確認

仰向けで両膝を立てます。

膝下をつけ、膝を左右に倒して確認。

倒しやすい側の骨盤が前に出ているかも。

 

(5)左右荷重タイプ

  • 坐骨に体重が均等にのるかを確認

膝が90度に曲がる高さの椅子に座り、両手を左右の坐骨の下に入れ、

上半身を左右に動かします。

体重がのりにくいほうの骨盤が上がっている可能性も。

 

(6)骨盤開閉タイプ

  • 脚を内外に同じぐらい倒せるか確認

仰向けで太腿から脚を内→外に動かして差を確認。

骨盤が開いていると内に、閉じていると外に倒しにくい傾向があります。

 


 

まずは、このチェックテストで自分の骨盤の状態を知り、

その上で骨盤まわりの筋肉にアプローチし、本来の機能を回復させることで

骨盤をニュートラルポジションに保つことができます。

 

チェックテストで骨盤の状態がわかったら、

それにあわせた筋肉アプローチをしていきましょう!

詳細はこちらからご覧いただけます!

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!