Tarzan(ターザン)

『やる気はあるけどできれば運動したくない人へ』

1日1分1種目・自体重トレでカラダが変わる!

 

やる気はあるけど、できれば運動がしたくない…

時間がないことを言い訳にしがち…

カラダを気遣うきっかけが欲しい…

 

こんな一言が出てくる方にぴったりなのが今回のTarzan!

今回の30日間プログラムは、“これができなければ、それはカラダを変えたいとは思っていないということだ”

断言できるくらい、続けられることを意識して組んでいるものだそうです。

 

何かを始めたい、でも何からやればいいのかわからない、という方にもおすすめできる、

ジムに行かずとも、道具を買わずとも、カラダを変えられる自体重トレをピックアップします!

 


 

『なぜ今すぐ始めるなら自体重トレなのか?』

カラダをなんとかしたい、よしジムでも契約するか!という方はしばしお待ちを。

“自体重=自分の重さ”、つまり身一つで始められるトレーニングを推す理由がたくさんあります。

 

 

・お金も時間も気合もいらない

ジムの入会費や予約チケットもいらない、自宅とジムを往復する時間もいらない。

「逃げちゃダメだ!」と自分を奮い立たせる呪文もいらない。

運動を始めるに当たってのハードルの数は少なく、低ければ低いほどいいものです。

 

・ケガをしにくいカラダの土台が作れる

「基礎的な自体重トレをする目的のひとつは、ケガをしないカラダを作るということ」

そう話すのは筋生理学とスポーツ計測の専門家、関東学院大学教授の髙橋健太郎さん。

「家を作るとき、土台がしっかりしていれば崩れにくい。それと同じように、強い負荷がかかった場面でも、それに耐えうる筋力や柔軟性があればケガをしにくいといえます」

 

・基本トレさえ極めれば全身が鍛えられる

熟練のトレーニーたちはどうやら部位を細かく分けて

一度にあれやこれやの種目に取り組んでいるという話ですが、なかなかできそうにないもの。

手始めの自体重トレは必要最小限の3つの種目に取り組めばそれでよし!

おなじみの『ウデタテ・フッキン・スクワット』です。

 

パーソナルトレーナーの清水忍さんはこういいます。

「この3種目は自分でできる筋トレのベース中のベース。複合運動として完成度が高い種目です」

 

・やらされるより自主的にやる方が効果が高い

トレーナーの指導を受けているときより、自主的にトレーニングを行なった方が効果がみられたという実話もあります。

コロナ禍でジムに通う機会を失ったある男性は、トレーナーに毎日の課題を提案してもらい

ひとりせっせと自宅で自体重トレを行ない、2ヶ月後腕立てを連続45回できるように。

 


 

本誌では、30日間のトレーニングが紹介されています。

お金や時間をかけたくないけれど、カラダを変えたい!という方はぜひ30日間取り組んでみてください!

こちらからご覧いただけます。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!