ニューズウィーク日本版


ブラジャーに6年間スマホを入れ続けた女性の乳癌発症


 

約6年間、スマートフォンをブラジャーの中に入れていた

ティファニー・フランツさんはスマホを入れていた左胸の下あたりに

集中して癌性腫瘍を見つけました。

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

カリフォルニア州の乳癌専門の外科、ジョン・ウェスト先生は

この一件をもとに研究を進め、論文を発表しました。

しかし、確たる証拠はなく、十分な成果はでていないですが、

WHO(世界保健期間)は携帯電話は「発癌性が疑われる」と結論づけ、

「携帯電話と癌のリスクとの関係を注視」し続けることを推奨しました。

 


やめておいたほうがいい、スマホの置き場所


 

(1)枕の下

 

ベッドで横になりながらスマートフォンを見ている人が

多いかもしれませんが、それはNGとのこと。

 

もし枕元に置く場合は、電源を切るか、機内モードにしたほうがいいそうです。

米保健当局によると、ベッドから遠ければ遠いほどいいという…

私はいつも枕元に置いて寝ていました。。。

 

(2)ブラジャーの中

 

最初にもあったように、乳癌のリスクをあげてしまうので

ブラジャーの中には入れないほうがいいみたいです。

 

まだ乳房が成長過程の少女は特に注意だそうです。

 

周りでブラジャーにスマホを入れているひとはみたことがないですが

学生の頃は、ほとんど全員が制服の胸ポケットに入れていましたね。。。

ヒエッ!

 

 

(3)ナイトテーブルの上

 

アラームがわりに、ベッド脇の机に置くのもよくないそう。

先ほどベッドより遠ければ遠いほどいい、というのがあったので

これも納得ですね。

 


 

スマートフォンが便利な今、

眠るときは眠くなるまでSNSをチェックしてみたり

アラームをセットしてそのまま枕元に置いて寝たり、

寝るときもスマホが身近にありますが

癌のリスクも上げれば、眠りの質も下げるし、目も悪くするという

身体に悪い影響が多いかもしれませんね。

 

本誌ではさらに、気をつけたほうがいいことが掲載されています!

記事の有効期限: 2019年5月9日 Thursday