OZmagazine (オズマガジン)

『森林浴のすすめ』

自然を感じる機会を増やして免疫機能も向上

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

生物としての根源に立ち返るような癒しをもらえるのが森林浴。

ままならぬことも多い今だからこそ取り入れたい自然のパワーについて

森林浴研究の第一人者、千葉大学の宮崎良文さんが教えてくれました。

 


 

30年にわたり科学的に探究し続ける宮崎良文さんは

森林浴研究の権威として、世界的にも知られています。

 

「私たちは森林浴の効果を科学的に検証するために、生理的変化を計測する実験を行いました。その結果、森の中では副交感神経活動が優位となるリアラックス状態になり、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの睡眠中濃度や血圧、心拍数が低下しています」

 

脳前頭前野活動の鎮静化も確認されたといいます。

 

コロナ禍の今、注目されているのが免疫機能への影響です。

人はストレス状態では免疫機能が低下しますが、

森林浴によってストレスが軽減されるだけではなく、

免疫機能が改善され、その効果が一週間以上続くという研究もあるそうです。

 

私たち人間は、なぜ守谷自然を快適だと感じるのでしょうか。

「およそ600万~700万年の間、人は自然環境で生きてきました。一方、産業革命以後の文明社会の歴史はたった200~300年。遺伝子は数百年間では変化できないので、私たちの体は自然環境に適応しており、自然から離れた現代生活は常にストレスにさらされた状態ともいえるのです」

 

普段、ストレスが強い人ほど、自然を感じる自然セラピーが必要だと言います。

日常に自然を感じる機会を増やしましょう!

 


首都圏近辺・森林浴オススメスポット


 

《新宿御苑》

 

明治時代にフランスの造園家のデザインにより整備された日本の近代西洋庭園の名作。

約100種のバラが植えられたヨーロッパ式の整形式庭園や芝生が広がる風景式庭園、

池の流れに沿って造られた日本庭園、自然観察ができる母と子の森、温室があり、

多彩な自然を身近に感じられます。

 

昨年3月には、民間企業初の園内店舗となるスターバックスコーヒー新宿御苑店も誕生しました。

 

《武蔵野樹林パーク》

2020年8月、東所沢公園内に角川武蔵野ミュージアムと併せて新設されたエリア。

コナラなどの木々が広がる森には

チームラボによるアート空間『チームラボ どんぐりの森の呼応する生命』が常設展示されています。

 

森の中で光と音が作り出す幻想世界に包まれて、武蔵野樹林カフェのウッドデッキテラスで

ひと息つけば、心身ともにリフレッシュ!

 


 

本誌では、宮崎さんの研究の内容・結果や、

首都圏の自然を感じられるスポットが紹介されています。

森林浴の大切さがしっかりとわかるので、ぜひご覧ください。

記事の有効期限: 2021年8月22日 Sunday