わたし時間

『腰痛は動いて直す』

一生元気で歩くために腰痛をなんとかしたい!

 

腰痛やぎっくり腰などへの不安から、できるだけ動かないようにしていませんか?

実は、腰痛の多くは、むしろ「動かす」ことが大事だと

整形外科医・医学博士の松平浩先生は話します。

「ほとんどの腰痛にとって、”安静は百害あって一利なし”です」

 

慢性の腰痛に限らず、痛みがつよいぎっくり腰も、寝て過ごしていいのは2日間までだそう。

直後から、少しずつでも、できる範囲で動かした方が良いとのこと。

痛みに対する不安や恐れから腰をかばったままでいると、

歩行機能などが低下するロコモティブシンドロームが進行する心配もあるそうです。

(※症状によるので、無理せず病院で受診して判断してください)

 


腰痛タイプを見極める


 

以下のチェックリストをまずは行ってみてください。

ひとつでも当てはまる腰痛の場合、セルフケアでは治らない可能性があるため、

なるべく早く医師の診察を受けるようにしましょう。

 

・転倒、尻もちのあとから痛みだし、日常生活に支障がある

→骨折の可能性

 

・65歳以上で、朝起き上がるときに背中や腰に痛みがある

→骨粗しょう症による骨折の可能性

 

・横になっても痛い。鎮静剤を使用しても長くは効かない

→癌や脊髄の重篤な病気などの可能性

 

・痛みやしびれが、お尻からひざ下まで広がっている

→椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の可能性

 

・肛門や性器周辺が熱くなったり、しびれる。または、尿が出にくかったり、尿もれがする。

→重度の椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の可能性

 

・つま先だけ、かかとだけで歩くことができない。足の脱力がある

→重度の椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の可能性

→急激な筋力低下は、脳や脊髄の病気の可能性

 

チェックがある方は、不安になりすぎず、まずは医師に診てもらいましょう。

 


 

 

自分で治せるタイプの方は、簡単体操で背骨や筋肉にアプローチしましょう。

本誌では簡単体操の詳細をご覧いただけます。