【がんの予兆】種類別サインを見抜いて早期発見に

AERA(アエラ)

がんはなにより早期に発見することが重要。

初期であれば治る可能性も高いのです。

 

水泳選手の池江璃花子さん、タレントの堀ちえみさんなど、

有名人のがん闘病の公表が報道されている中、自分の体の声にいま一度耳を傾けてみたい。

 


がんの種類別サインを見抜く


舌がんを疑う症状


☑白や赤い口内炎が2週間以上続く

☑食べ物がしみ、声が出なくなることも

☑虫歯の放置、詰め物の不具合で舌に傷がある

 

口腔がんの半数以上は舌がん。

特に舌の横側に発症することが多いとのこと。

虫歯で歯が欠けている、合わない歯の詰め物を付けている──

そういったことで舌がこすれるとがん発症のリスクが高まります。

 

分かりやすい症状は口内炎。

舌や粘膜に赤や白に変色します。

初期はほとんど痛みがなく、自覚症状は感じづらいので目で確認しましょう。

 

もちろん全ての口内炎が舌がんというわけではありませんよ。

目安は2週間。

それ以上口内炎が続く場合は、まずかかりつけ歯科医院で検査してもらいましょう。

ちなみに赤い物の方ががん化するリスクは高いです。

 

その他の症状はチラ見で確認!

 


白血病を疑う症状


☑風邪が治りにくい

☑鼻血が止まらない、青あざが消えない

☑不足する血液細胞によって症状は異なる

(特有の症状はない)

 

2月12日に自身のSNSで白血病であることを告白した水泳選手・池江璃花子さん。

彼女は1月あたりから「体がだるい」「疲れが抜けない」などの症状を口にしていました。

 

血液のがんである白血病。

異常ながん細胞が血管中で増えることで、正常な血液細胞が不足し、様々な症状が現れてきます。

 

どの血液細胞が不足するかで現れる症状が変わってくるので、一概に<この症状だと白血病>とはいえません。

例えば白血病が減少した場合は、抵抗力が落ちて風邪が重症化するなどの影響が出ます。

 

NTT東日本関東病院血液内科部長の臼杵憲祐さんによれば、池江さんが身体の倦怠感を訴えていることから赤血球が不足が疑われるとのこと。

赤血球は全身に酸素や栄養を届ける働きがあります。

そのため不足すると、貧血・眩暈・動悸・息切れなどを起こしてしまうのだそうです。

 

 

白血病の早期発見のために気を付けるポイント、乳がんを疑う症状はチラ見で◎

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。