【医師が選んだ】早期発見につながる<がん検診>はこれだ!

AERA(アエラ)

日本人の死亡原因の第1位、それが”がん”。

”がん”治療において最も大切なのは検診による早期発見です。

 

肺がんには胸部エックス線検査

胃がんにはバリウム検査

大腸がんには便潜血検査

乳がんにはマンモグラフィー+視触診

 

というのが一般的な検診の内容ですが、中には時代遅れになっているものもある!?

日夜進化を続ける医療の現場。

検査の今を知り、正しい方法を選ぶことが重要です。

 


早期発見につながる<がん検診>


今号では医療の現場の最新事情を専門医にインタビューしています。

さらに医師専用コミュニケーションサイトの協力のもと、医師540名にアンケートを実施。

医師が選ぶがん検診とは?

 

胃がんを早期発見するために


胃がん検査といえば『バリウム』ですよね。

私はまだ経験がないのですが、白い液体を飲み干しグルグルと回転する機械に乗せられる──

そういうシーンをテレビや漫画で見たことがあります。

 

でも実はがん検査で『バリウム』を選択する医師はほんのわずかしかいません!

アンケートでは、95%の医師は胃カメラを選んでいるという結果。

 

胃カメラならば、食道も含め、胃の状態をカラーできちんと確認することができる。

 

そう語るのは近藤医師

一概にはどちらが優れているとは言えないものの、見え方にはハッキリとした差があるとのこと。

 

胃がんは、日本人のがん死亡数の第3位ではあるものの、20年ほどでその死亡率は大幅な減少傾向にあります。

その理由として

■胃がん治療が進歩したこと

■ピロリ菌の感染率が下がったこと

などが考えられています。

やはりどんどん医療技術は上がっているんですね!

 

胃カメラは

「涙も出るし、異物感もあるし、とにかくつらい」(34歳女性)

との意見がある通り、身体的負担の大きい検査方法です。

しかしながら、胃がんだけでなく食道がんの検査にも有効だという報告もあり、

やはりがんを早期発見するなら胃カメラでの検査がよさそうです。

 

さらに喫煙者には気になる肺がんの検査

検査方法として思いつくのは胸部エックス線ですが、それだと肺がんを見つけることは難しいってホント!?

 

医師の8割は別の検査法を選びました!

あわせて読みたい

%d bloggers like this: