天然生活

【病気にならない身体をつくる】

健やかな暮らしは、小さな日々の習慣から

 

「走ると疲れると思いますよね。でも、逆なんですよ。気持ちも身体もスッキリして、エネルギーが戻ってくる感じがします」

 

アロマセラピストの大橋マキさんは、

悠々と広がる葉山の海を背景に颯爽と走り抜け、笑顔で話します。

自然豊かなこの地に暮らし始めて13年。

健やかに暮らすための習慣に『浜ラン』を真っ先に挙げています。

 

 

片道約800m、1kmあたり6分のペースで2往復、週に1~2回走っています。

 

「もともと面倒くさがりで、ランニングに憧れながらも挫折ばかり。でも、息子を海に送るついでに走ってみたら、圧倒的な気持ちよさだったんです。体の中に空気がいつもよりたくさん入ってきて、脳が喜んでいるようでした」

 

浜ランはうれしい連鎖も生み出しました。

30年ぶりに始めた剣道もそのひとつ。

 

「走り始めて約1年。続けた経験が自信になり、胆力が鍛えられ、次の一歩につながったのだと思います」

 

体力は新しいことを始める原動力になったと言います。

『はっぷ』という団体活動でシニア世代の方たちとガーデニングや山歩きをしながら

体力づくりのお手伝いをしているそうです。

運動を習慣にしてきた人は、健やかさもチャレンジする気持ちも断然違うそうです。

 

体の声に耳をすませながら取り入れるハーブやアロマ。

ウクレレを奏で、心を解放する時間。

大橋さんは、走る以外にも体と心を整える小さな習慣を、日々のあちらこちらにちりばめています。

 

「どれも無心になれて、自分の頭を一度空っぽにする作業かもしれません。日常は、仕事に家事、母親としての役割など、思うように進まないことや、調整ごとがたくさんあります。さらにいまは、環境に阻まれることも多い時代です。だからこそ、自分でできることを続けながら、身体を整える大切さを実感しています」

 

健やかに暮らすため、自分の心がありのままに気持ちよく続けられることを

生活の習慣として取り入れられるのはいいですね。

 

本誌では大橋さんの健康法以外にも、さまざまな方の健康のためにやっている暮らしを紹介しています。

こちらからお読みいただけます。