毎日が発見

ひざ痛にはアボカド!

一日半分のアボカドが、強いひざをつくる!?

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

ひざの痛みって、行動が制限されて気分も落ち込みますよね。

私は学生時代にひざを痛めてから、今現在もたまに痛いことがあるため

思った以上に歩けないしんどさや、庇って歩くことで姿勢や体のバランスが悪くなるなど

さまざまな問題にぶつかります。

 

そんな中見つけたこの記事…

ひざの痛みの予防や改善には、食事も大切!?

戸田リウマチ科クリニック 院長・医学博士の戸田佳孝先生によると

中でも、ひざの痛みに効果的な食べ物がアボカドだそうです。

 

「アボカドに多く含まれているステロールという成分に、TGF-βという物質があります。これは軟骨の土台となる繊維を作る働きをもち、すり減った軟骨の欠けた部分を修復して、ひざ痛の改善に役立つことがわかっています」

 

そしてさらに、痛みや炎症を誘発する酵素”COX-2″の合成を

防ぐ作用を持つ成分も含まれているので、痛みを和らげる効果も期待できるそうです。

 

ひざ痛の緩和や予防には、1日2分の1個のアボカドを、

できれば毎日食べるのが良いとのこと。

朝食や食前、おやつ時には体の吸収がよくなるのでオススメ。

 

しかし、肺繊維症など持病のある方は不向きの場合もあるので

医者に相談してみましょう。

 


 

食べ方は、生のままでも加熱しても大丈夫だそうです。

本誌では美味しい食べ方が紹介されています。

・アボカドの納豆のせ

・豆腐サラダ

・アボカドと玉ねぎの味噌汁

・ツナとアボカドのナムル

・アボカドのサバ缶グラタン

など

 

私がアボカドを食べるときは、大抵生で食べるので

こんなに加熱したり、調理するアボカド料理があることを初めて知りました。

これからレパートリーを増やして、毎日取り入れてみたいです!

 

ひざ痛でお悩みの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

本誌では他にも、ひざの痛み別に合わせた体操や

ひざを痛めない歩き方なども掲載されています!

こちらからご覧ください。

記事の有効期限: 2020年7月27日 Monday