週刊朝日

あなたは一日、どれくらいスマホを使っていますか?

自宅でも電車でも座っても歩いても……いつでもスマホを見ているという人も少なくないはずです。

 

実はスマホの長時間利用によって様々な問題を生じてしまいます!

例えば視力の低下、ネット依存の発症そして浅くなる呼吸

これはもう現代病ともいえる広がりを見せています。

 

本特集ではこの<スマホ呼吸>にスポットを当て、その解決法を探りました。

 


スマホ呼吸が肺を壊す


画面に夢中になると、ついつい前かがみ姿勢になってしまいませんか?

そのとき、肺活量は何と30%もダウンするんです。

 

呼吸によって体内に<取り入れられる酸素><吐き出される二酸化炭素>(ガス交換)はとても大切なからだの働きです。

このガス交換のバランスが崩れると、体が酸性に傾き頭痛や眠気、疲労などの症状が現れます。

実際、呼吸器内科 池袋大谷クリニックの大谷義夫医師は、そんな症状を訴える患者さんが増えていると教えてくれました。

 

クリニックを開院した約10年前、そんな患者さんはほとんどいませんでした

 

呼吸を支える肺の機能は25歳をピークに衰えていきます。

機能低下の主な要因は、呼吸筋の低下。

この呼吸筋は肺の周りに20種類もあり、絶え間なく動くことで呼吸機能を維持しています。

しかし、悪い姿勢・ストレス・喫煙・肺や喉の疾患・アレルギーなどで肺の機能は落ちていくのだそう。

 

加齢でも習慣でも弱くなっていく肺の機能。

どうしたら強化していくことができるのでしょうか?

 


呼吸筋を鍛えよう


心臓や腸は制御できませんが、肺の動きは自分である程度調節することができます。

呼吸筋を意識しながら、深くゆったりとした呼吸をすることで、呼吸機能は改善します。

 

さらに、『すべての不調は呼吸が原因』(幻冬舎新書)の著者で知られる、東京有明医療大学の本間生夫学長が薦めるのはが「呼吸筋ストレッチ体操」です。

この体操には呼吸機能を高める以外に、ストレスを軽減させる効果があるのだといいます。

東日本大震災の被災地の子供たちが体操を行ったところ、不安な気持ちが軽減したという報告もあがっているんですよ。

 

詳しいやり方はチラ見でご確認ください◎

図解付きなので、簡単に試すことができますよ!