美ST(美スト)

《ダイエットは”いいかげん”に!》

脳が「心地いい」と感じたら2週間でするっと痩せた科学的ダイエット

 

お腹がすいたらじっと耐える、根性で運動する……

やせるためにする我慢はすればするほどストレスホルモンコルチゾールが分泌されて

実はやせない原因になるそうです。。

 

コロナ太りの原因も運動不足じゃなくて幸せホルモンセロトニン不足が

原因のことがあるみたいです。

やせにくくなった大人のダイエットこそ、努力しすぎず、

肩の力を抜いた”良い加減”のダイエットをすべきです。

 


なぜ頑張ってもやせない?


 

これまでいろんなダイエットをしても失敗続きでストレスが溜まっている方、

科学的にみると、負のスパイラルに陥ってるかも。。

その理由がこちらです。

 

・つらいダイエットをすると…

食べるのを我慢し、空腹を我慢し、美味しくないものや嫌いなものを食べる。

つらい運動をして毎日クタクタ、あれしちゃダメ、これしちゃダメの

過酷な生活週間激変ダイエットだとストレスホルモンが過剰に分泌されます。

 

・幸せホルモンが低下し、脳の扁桃体に「不快」な情報が残る

ストレスホルモンコルチゾールが増え、ドカ食い&やせホルモンであるGLP-1が減ります。

減ったセロトニンの代わりに脳が激しく「糖」を欲しがり、

体内時計が狂い、少量でも太るように。

 

・不快な行動を修正しようと脳がSTOPをかける

脳は変化が嫌いです。

体重が落ちる、などの本来は嬉しい変化も、変化をストレスと感じストップをかけたがります。

食べないダイエットを始めたとたん、食欲が倍増するのはこのせい。

 

・結果やせづらくなる

ストレスホルモンコルチゾールが増えると体が飢餓状態と誤判断し、代謝が減り、

筋肉を分解してエネルギーにしようとするうえ、

セロトニン代わりに脳が欲しがる糖への欲求は麻薬のように強力に…。

 


 

頑張ることは大事ですが、頑張りすぎるダイエットは逆効果ということがわかりました。

幸せホルモンを出しながら、するっと痩せることを目指したいですね。

科学的に導き出された最新トレンドダイエットはこちらからご覧いただけます!