からだにいいこと

デブ習慣を変えるスイッチ!

『味わい瞑想』で満腹感UP・一生太らない食事術!

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

無意識のうちにやりがちな”太りグセ”を変えるきっかけは小さな行動にあります。

日常生活の中でできる行動を取り入れ、徐々にやる気スイッチを押すのが痩せる「行動療法」の特徴です。

無理なダイエットでストレスを感じてリバウンドを繰り返してしまう方こそ、習慣を少しずつ変えてみてください。

気づけば痩せている!ということに繋がります。

 

今回は、『スイッチ行動』『味わい瞑想』について紹介します!

 


たった14日間の意識づけ+習慣づけでもう二度と太らない!

ラクラク”デブ習慣”が変わる『3つのスイッチ』行動


 

 

医師の中村康宏先生はこう話します。

「日常生活の中で頑張らなくてもできる行動を取り入れて、徐々にやるやる気スイッチを押すのが『認知行動療法』です。スニーカーを履いてみることもその一つ。歩きやすくなると、人は自然と長い距離を歩きたくなります」

 

小さな行動の”チリツモ”でいつの間にか活動量が増えて、無理なくデブ習慣をリセットできるとのこと。

この3つの軸を中心に習慣を変えていけば、自然と痩せていく体になっていきます。

・食事の見直し

・活動量の増加

・睡眠の向上

 

「14日間だけ1つの行動をやってみましょう。頑張らずに続くようになれば、二度と太らない体になりますよ」

 

ヤセ習慣の3つのスイッチの中から、『味わい瞑想』を紹介します。

 


一口目の満足感を高めれば、我慢しないでムダ食いを防げる!

『味わい瞑想』で満腹感UP!一生太らない食事術!


 

 

プロボディデザイナーの松尾伊津香さんはこう言います。

「多くの人は時間に追われて食べたり、無意識のうちになんとなく食べている状態。きちんと味わえていない分、ムダ食いも多いです」

 

こんな人はポッコリお腹注意報!

・”ながら食べ”をしてしまう

・いつもお腹いっぱい食べてしまう

・ダイエットするとき食事制限しがち

・ストレスを感じると食に走る

 

こんな習慣がある人は、まず食べ物の味を味わうことに意識を集中させてみましょう。

味覚センサーが集まっている舌先でしっかり味を感じてから、胃の感覚に意識を向けること。

 

「舌先で味をキャッチし、胃に食べ物が入ったと感じられれば『食べた』という満足感を得やすくなります。40代半ばで痩せにくくなったと感じる人でも、1年で75kgから59kgまで体重が落ちた方もいます。最初の一口をじっくり味わうだけで、意識も体も変わります」

 

胃の感覚に意識を向けるってどういうこと?と思う方もいるかもしれません。

胃は、胃痛や胃もたれなど、自分で感覚がわかる臓器です。

食べ物を飲み込んだあとの「胃が温かくなった」「胃の底が重くなった」という感覚に敏感になりましょう。

満腹感はもちろん、「食べた!」という満足感も得られるようになります。

 

空腹時は胃の感覚が鈍くなります。

起き抜けに白湯を飲み、胃の底に入れるのを感じましょう。

イメージするうちに感覚が醒めてきます。

 


 

本誌では、食事以外にも、活動量睡眠についてもたっぷり解説しています。

ご自身が当てはまるなと感じた習慣を変えていきましょう!

こちらからご覧いただけます。

記事の有効期限: 2021年12月20日 Monday

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!