ゆほびか

人の遺伝子に合った『原始人食』で

腸から全身が若返る!

 

糖質制限や、カロリー制限など

ダイエットでよく言われる言葉がありますが

「原始人食ダイエット」を知っていますか?

 


原始人食ダイエットとは


 

草食動物は遺伝子的に、穀物や肉類を食べるようには適応していません。

間違った食べ物を食べ続ければ、

動物はやがて病気になり、死に、

最悪の場合はその種が絶滅してしまいます。

 

人間も同じように、本来の遺伝子が適応している食べ物以外のものを

食べていることで、昔は存在しなかった病気や

原因の分からない不調に悩まされているのだそう。

 


原始人食を食べることが健康にもダイエットにもつながる!


 

およそ260万年前に、原始人が食べていたもの。

それは狩猟や採集で得た食材。

 

だからといって、狩猟や採集をしてください

というわけではありません!(笑)

お肉やお魚を中心に、自然にあるものだけを

食べて行きましょう、ということです。

 

それによって、臓器全体が元気になって消化が進み、

太りやすい・疲れが取れない・常にだるいなどの

体質が改善するとのこと。

 

加工食品や化学調味料・添加物を食べない

というのが原始人食なので、お魚やお肉を調理するときには、

味付けなども自然食から作るのがいいそうです。

結構難しそうですが、

ごはんやお肉を我慢しなくていいのはメリットですね。

 

これを試した医師は、2週間で5キロも痩せたそうですよ!

ダイエットとは、無理をせずに普段の生活習慣を見直すこと。

ぜひ、健康的な体づくりを目指しましょう!