AERA(アエラ)

朝食を食べない生活をして、8ヶ月になる。

正直、全くつらくない。

むしろ、1日3食の生活に戻すのが考えられないほど、朝食を食べないメリットばかりを感じている。

(本文より)

 

アエラ男性記者が一念発起して取り組んだ『朝だけ断食』。

お金も手間もかからず、体重は5キロも減っただけでなく、他にも嬉しい効果があったそうで……。

 


朝食抜きで5キロ減


ある病気の投薬の副作用で太ってしまった男性記者(41歳)。

顔はパンパンアンパンマン状態で、ジムに行ってもなかなか痩せられない……そんな状況の中で試してみたのが『朝だけ断食』でした。

断食開始からわずか1ヶ月で体重-3.5キロ!

現在は-4.5キロの状態でキープしているそう。

 

どうして朝食を抜くだけでそんなに痩せることができるのでしょうか?

 

そのメカニズムを解説してくれるのは、『朝だけ断食で、9割の不調が消える!』の著者で、鶴見クリニック理事長の鶴見隆史氏です。

 

現代の栄養学の基準は、昭和40(1965)年ごろに確立されたもので、明らかに『食べすぎ』なんです。

 

鶴見氏曰く、成人男性でも1日1600キロカロリーもあれば十分なのだそう。

1日1600キロカロリー。

つまり1日3食だと、1食およそ533キロカロリーです。

結構少ない……。

 


人の生理リズムは「排泄・消化・吸収」と三種類


~人間の生体リズム~

午前4時~正午 『排泄の時間』

正午~午後8時 『栄養補給と消化の時間』

午後8時~午前4時 『吸収と代謝』

 

重要なのが排泄の時間です。

汗や尿、便と一緒に体にたまった老廃物を体外に出します。

午後になればリズムが栄養補給と消化にうつるので、その時間帯に昼食と夕食。

つまり午後8時までに夕食を済ませておく必要があるんですね。

 

つらいのは最初の2日


実際に朝食を抜き始めた記者は話します。

 

2日目も空腹感は強かったが、3日目からは体が慣れてきたのか、家族の朝食を見ても、何も思わず。

4日目からは、むしろ「余分なもの」が入っていない爽快感の方が勝るほどになっていた。

 

記者が体験したダイエットの感想は↓↓↓