ブスになる癖、していませんか?【頬づえ】【足組み】【眉間にしわ】

週刊女性セブン

■重心を片足にかける

■気が付くと頬づえをついている

■スマホを使っているとき猫背に

■口呼吸

■睡眠中歯ぎしりする

■ついつい足を組む

■ふと鏡を見ると眉間にしわが

そんな癖に心当たりはありませんか?

 

「なくて七癖、あって四十八癖」

ということわざもあるように、誰にでも癖はあるもの。

でもそれが、ブスに繋がるとあっては放っておくわけにはいきませんよね。

 


ブスになる癖、していませんか?


歯ぎしり、頬づえをつく、眉間にしわを寄せるといった癖は、顔の骨格をいびつにし、”ブス”にします

そう語るのはさつま骨格強制針灸整骨院の総院長・薩摩宗治さん。

そこで本特集では、癖にしがちな七つの影響と直し方をご紹介します。

 

脚を組む


あなたは今、どんな格好でこの記事を読んでいますか?

もし足を組んでいたら注意が必要!

この習慣で生じる症状がこんなにもあるんですよ↓

■椎間板ヘルニア

■坐骨神経痛

■腰部脊椎管狭窄症

■骨盤のゆがみ など

 

腰の病気にかかりやすくなるというのが分かると思います。

これは足を組むことで、自然と姿勢が前屈みになるので負担が増大するから。

腰が痛いと歩くことも億劫になりますしね……。

私もついつい足を組んでしまうので、注意しなくては!

 

猫背


スマホの利用が増えるとついつい猫背になってしまうですよね。

本来、人の背骨(脊椎)はS字カーブを描いています。

そうすることで、重い頭部の荷重を分散して支えることができるのです。

しかし猫背になることで、背骨が全体的に丸まり、最悪首の骨が変形することも。

 

こんな症状があれば、もしかして猫背のせいかもしれませんよ。

■肩こり

■首こり

■腕のしびれ

■首の骨の変形(頸椎症)

■腰部脊柱管狭窄症 など

 

スマホを見るために頭を下げ、猫背になる患者さんが増えています

(竹谷内医院院長・整形外科医の竹谷内康修さん)

 

頸椎症が悪化すれば手の感覚がなくなり、最悪手術を要することもあるそう。

そうなる前に、日ごろから背筋を伸ばす習慣をつけましょう。

スマホや本を見る時も目の高さに合わせること。

 

チラ見では、癖による体の歪みを解消する体操も紹介しています。

ブスになる癖ではなく、綺麗になる癖を身につけよう◎

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。