壮快

ボクサーをしていた医師が解説!

サツマイモは糖尿病、高血圧、脂質異常症にも効果がある!?

 

秋、旬を迎えるサツマイモ。

おいしいだけでなく、実は健康効果がとても高い万能食材です!

食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれるうえ、ご飯やパンに比べ糖質の吸収が緩やか。

腹持ちもいいことから、ダイエットに活用する人も増えています。

 

今回の壮快では、サツマイモによる健康効果を紹介しています。

 


ボクサー医師が減量に活用!

サツマイモは糖尿病、高血圧、脂質異常症にも効果がある!?


 

 

日本産科婦人科学会専門医の髙橋怜奈先生は2021年10月の引退まで、

世界初の女医ボクサーとして活躍していました。

ボクサーには試合前の減量がつきもので、そこで先生が活用していたのがサツマイモだったそうです。

 

「減量したいとき、ふだん食べているご飯やお菓子をサツマイモにおき換えると、体重をスムーズに落とせました」

髙橋先生が栄養面の特徴から、サツマイモの健康効果について解説します。

 

(1)食物繊維が豊富

食物繊維には、よく知られる整腸作用だけでなく、

血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能があります。

日本人の食事摂取基準では、食物繊維の摂取目安は18~64歳の男性で1日21g以上、

同じく女性で18g以上です。

しかし、実際には基準にはとても足りていないのが現状。

 

サツマイモには、不溶性と水溶性、両方の食物繊維がバランス良く含まれています。

食物繊維不足の解消に、大いに役立つのがサツマイモです。

 

(2)GI値が低い

サツマイモは炭水化物から「糖質が多く太りそう」、

あるいは「生活習慣病に悪影響があるのでは」と思う方がいるかもしれません。

しかし、サツマイモの摂取はご飯やパンに比べてGI値(食後血糖値の上昇度を示す指標)

低いという特長があります。

 

GI値の高いご飯やパン、お菓子類をサツマイモにおき換えれば、

血糖値上昇の速度が抑えられ、結果脂肪がつきにくくなります。

上手に活用することで、糖尿病の予防のためにも勧められる食材とのこと。

 

(3)ビタミン、ミネラルが豊富

サツマイモにはビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれ、抗酸化作用が期待できます。

また、カリウムも豊富。

カリウムはよけいな塩分の排出を促し、血圧を下げたり、体のむくみを取ったりしてくれます。

さらにアントシアニンという毛細血管を保護して動脈硬化を予防したり、

血流を改善し、シミ・シワの予防をしたりするほか、疲れ目の改善にも役立ちます。

 


 

とにかく良いことが多いとわかるサツマイモ。

本誌ではさらに、ダイエット効果もあることが紹介されています!

こちらからお読みいただけます。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!