週刊女性セブン

「食事の時間が発がんリスクに影響を与える」

そんな論文が昨年7月にスペイン、バルセロナ・グローバル・ヘルス研究所によって発表されました。

 

論文によれば、

午後10時以降、または就寝直前に夕食を食べる人は、それ以前に食べる人に比べて、

乳がんと前立腺がんにかかるリスクが20%も高かった

というのです。

 


食事の時間のズレは体内時計のズレ!?


自治医科大学名誉教授・藤村昭夫さんは、この研究結果に体内時計のズレが影響していると分析しています。

 

地球の自転によって決定される生体内のリズムを概日リズムよび、人間の場合は1日およそ25時間です。

もちろん実際の1日は24時間ですが、この1時間分のズレは朝に光を浴びることでリセットされます。

人間は本来、朝起きて日中活動する昼行性の動物。

しかし現代ではその習慣は崩れてきています。

 

体内リズムが崩れてしまうとどのような影響があるのでしょうか?

 


体内時計がズレは様々な不調の原因!?


体内時計の遺伝子が働かなくなったマウスは、ほぼ早死にしてしまいます

早稲田大学先進理工学研究科教授・柴田重信さんは解説します。

 

同氏は、体内時計が狂うとストレスによってテロメア(染色体の末端構造)が短くなり、寿命が短くなる恐れがあると警鐘を鳴らしています。

長生きの為には、体内リズムを整える必要がありそうです。

 

明治大学農学部准教授・中村考博さん曰く、生活リズムが乱れる生活は次のような特徴があるそう。

・看護師や航空会社の乗務員

・3交代勤務の工場労働者

といった夜間を含むシフト労働を行っていること。

 

このような人は乳がんのリスクが1.5倍、前立腺がんのリスクが1.3倍に!

さらに様々な研究で、体内時計の乱れはうつ病・生活習慣病・肥満・心血管疾患の発症・不妊のリスクが高くなることが分かっています。

 

大切なのは規則正しい生活を送ることです!

「自分は朝方? 夜型?」

「食事・運動・睡眠・薬の最適な時間帯は?」

その答えは↓↓↓