サンデー毎日

元気すぎる79歳!スーパーボランティア・尾畠春夫さんの健康極意7カ条!

 

今年8月に山口県で行方不明になった2歳男児を救出し、

休む間も無く西日本豪雨で大被害を受けた広島県へ

ボランティアへ行った尾畠春夫さん。

全国のシニア世代に勇気と感動を与えてくれた

スーパーボランティア!

 

こんなにも健康でハキハキとした79歳になるために

尾畠さんは日々どんな習慣を送っているのか。

健康の極意7カ条をご紹介!

 

【健康の極意7カ条】

(1)温泉に毎日入る

別府市内の温泉街を抜けた山の麓にある無料の野外温泉に

毎日入りに行っているという尾畠さん。

50度近い、温泉の中では熱い温度で硫黄の匂いが強くする。

動脈硬化や高血圧に効く硫黄温泉だという。

 

毎日温泉に入るのは、贅沢な気がしますね。

 

(2)朝は8キロ走る

毎朝5時起床、その後1時間程で8キロ走っている尾畠さん。

 

健康でないと何もできないから鍛えているのよ。

走ると体調がいいねぇ。

 

国民健康保険証は10年以上使用していないそう。

毎日コツコツと鍛えるって本当に大事ですね。

 

(3)うまいものより健康にいいもの

うまいものは食べない、健康にいいものだけを食べるという尾畠さん。

自身の家の庭に自生しているニガウリやツルムラサキ、

サトイモなどを調理している。

朝食・昼食・夕食の比率は「5:3:2」という。

 

 

健康に気を使ってはいますが、

無理矢理ではなく楽しんで行っていることが

一番健康に繋がっているように感じます!

 

7カ条の残り4つはこちらからどうぞ!