週刊女性セブン

大腸がん宣告された花嫁・壮絶出産の全記録

 

19才で出会った彼と、22才で結婚し、翌年長女を出産した青森県在住の遠藤和さん(23才)。

屈託のない笑顔で娘のことを語る彼女は、至って普通の若いママです。

しかし、彼女は21才の頃にステージⅣの大腸がん宣告を受けました。

命がけの出産を決意した彼女は、その胸中を日記に克明に書き記しています。

 


 

21年2月17日(水)
使える薬が減るのって本当命削られてる気になるんだよね。これが命綱だから。この薬たちが効かなくなったら、もう治療法はない。死を待つだけになる。次の薬がどのくらい効き続けてくれるか。今回の薬は4か月しか効かなかったから。

和さんの日記より

 

2021年2月中旬、和さんは夫の将一さん(29才)のサポートを受け県立病院で抗がん剤治療を受けました。

 

「ひどい倦怠感で起きていられず、吐いてしまうことも珍しくありません。倦怠感は1週間ほど続きます。トイレ以外は横なっていることしかできません。ご飯も食べたくないし、水分も摂りたくないんです」

 

抗がん剤の効果は人それぞれで、しばらくはその薬剤が効いたとしても

治療を受けていくうちに『薬剤耐性』がついて効果が現象することがあります。

 

「主治医の先生から”薬を変えましょう”という提案があり、2月22日からこれまでとは別の抗がん剤を使った治療が始まりました。新しい抗がん剤はのどがしびれてしまうので、冷たいものが飲めない。しんどいです」

 


 

和さんは2020年7月に娘を出産。

将一さんは当初、『子どもがほしい』という和さんに大反対でした。

「延命の方法を探っているなかで、『そんなこと言ってる場合じゃない、まずは抗がん剤治療をしっかりしてほしい。妊娠と出産でこれ以上体に負担をかけてほしくない』というのがぼくの気持ちでした」

 

医師からは

「お母さんがいない子になる準備と覚悟ができるなら、出産できないことはない」

とまで言われたそうですが、それでも和さんは意志を曲げませんでした。

 

「”お母さんになる”が私の将来の夢でした。出産できる状況があるのに子どもを諦めるなんて、死んでも死にきれないと夫を説得しました」

 


 

 

和さんは、2018年9月にがん告知を受けた際に

抗がん剤により生殖機能が悪影響を受ける可能性について説明を受け、

2018年には卵子の凍結保存をしました。

それほど、和さんにとって”母親になる”ということが大切な夢だったことがわかります。

 

ふたりは2019年12月に結婚、2020年1月に自然妊娠。

7月に帝王切開で長女を出産し、その月には抗がん剤治療を再開しました。

10月、和さんと長女はともに退院しました。

 


 

出産予定は29週でしたが、念のため妊娠から27週で入院すると、突如その日から

「”私は死んでもいいからあと1週はお腹で育てたい”と言い張ったんですが、”このままだとあなたが死ぬので帝王切開します”と言われて、そのまま出産になりました」

 

幸い、母子ともに無事で、産声は聞けないといわれていたそうですが、

弱々しいながらも泣き声をあげてくれたそう。

 

「『無事に生まれてきてくれてありがとう』という気持ちでいっぱいです」

 


 

途中の手術の内容や、日記に記した想いなどが記事では詳しく特集されています。

こちらからお読みいただけます。