年末年始の「お疲れ胃」レスキュー!食前・食中・食後の3対策!

オレンジページ

クリスマスパーティ、忘年会、

年越しカウントダウン…

飲んで食べて、胃がついてこない!!!

 

そんな自分の姿が想像できる方は必見!

 

胃の仕組みを知って、年末年始の大忙しな胃スケジュールも

元気にこなしていきましょう!!!

 

【なぜ食べ過ぎ・飲み過ぎると胃もたれするの?】

食べ過ぎ・飲み過ぎは胃に負担をかけます。

一定のリズムで収縮しながら食物を砕いて

腸に送るという胃の働きを弱め、

処理能力が低下します。

 

その後胃を休めることなく、

脂っこいものを食べたりすると

胃酸が出過ぎて胃を荒らしたり、胃酸が食道へ逆流して

胃痛や胃のムカムカの原因に。。

 

【ちょっとしたことで防げる予防法!】

 

《食べる前にできる対策》

・夜いっぱい食べるからといって、昼を抜いたりしない!

胃はからっぽの時間が長く続くと動きが鈍くなります。

なので、3食ちゃんと食べて正常な胃の動きを作りましょう!

 

・一食が重いことがわかっていたら、他の2食を軽めにする!

上に書かれたように、食事を抜くことは逆効果になってしまいますが、

量を調整することで上手く消化できるようです。

脂質の少ないあっさりめな食事にすると良いです!

 

他にもツボ押しで胃の機能をアップすることもできるそうです!

 

ついつい忙しくて対策できなかった!という方に朗報!!

食べている時の対策、食べたあとの対策もあります!

 

胃もたれはしっかり対策を!

そうすれば快調な年末年始が送れるはずです〜!

 

食前・食中・食後の対策は本誌をご覧ください!

記事の有効期限: 2018年12月23日 Sunday

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。