オレンジページおとなの健康

便秘の有無と15年後の生存率!

衝撃の調査結果が判明!!

 

できれば知りたくなかった!!泣

男性よりも腸も平均寿命も長いわれわれ女性に起きがちな便秘

精神的なストレスや睡眠不足食生活の乱れなど、

なにかと不調のバロメーターとなる便秘、みなさんも経験された事ありますよね?

 

今回紹介する雑誌「おとなの健康」では

この便秘・腸について特集しているのですが、

なんでも、

「慢性的な便秘がある」と答えた622人と

そうでないと答えた3311人を15年追跡した結果、

便秘があると答えたグループはそうでないグループよりもなんと

15年後の生存率が低かった

という衝撃のデータが米・メイヨ―医科大学の調査により明らかになりました・・・・

そうです、便秘と早死リスクには大きな影響があったのです!

 

しかも、女性のがん死亡者数第1位は大腸がん(ちなみに男性は肺)と、

女性は男性よりも腸にまつわる先天的なトラブルリスクがもともと高い

 

もうこれは大事(おおごと)になる前にちらっと見ておくしかない!

というか、みなさん、チラ見でもいいから見て、

便秘の危なさを認知して~~~~!

(フジ子は、万年便秘に悩む友人Kちゃんに寄進したい!)

 

こんなサインは大腸がんのサインかも!?(蒼白)

放っておいたらマジでダメだって!便秘、半端ないって!

健康に生き抜くための腸活のススメはこちらから!!