SPA!(スパ)

新型コロナウイルス治療薬を巡る、

メガ・ファーマ戦争

 

5月7日、厚労省は新型コロナウイルスの治療薬として

米医薬大手ギリアド・サイエンシズ社が開発した抗ウイルス薬「レムデシビル」

国内で初めて特例承認しました。

 

通常、新規医薬品は申請から承認まで1年以上を要しますが

ギリアド社の日本法人が申請を出したのは5月4日のこと。

異例のわずか3日でのスピード承認となりました。

 


 

レムデシビルはエボラ出血熱の治療を目指して開発された点滴薬。

エボラの治療薬としては確立されなかったものの、

新型コロナウイルスへの効果が期待されるためアメリカでは使用を承認。

これを受けて日本政府も決断に至ったとされています。

 

アメリカでは重症患者200人に5日間投与した結果、

10日後には半数を超える65%の患者が回復した結果が出ているそうです。

ただ、肝機能の低下など副作用も確認されています。

 


 

日本では純国産の「アビガン」について”月内承認を目指したい”としていましたが

なぜレムデシビルをスピード承認したのでしょうか?

 

その詳細が本誌で解説されています。