甘い酢たまねぎ、驚きの効果【糖尿病】【脳梗塞】【肥満】【認知症】

健康

たまねぎには体にいい成分がたくさん入っている──

それは分かるけど、大量には食べられない。

でも大丈夫!

甘い酢たまねぎにすればしっかり取れます◎

しかも有効成分がぐんっとUPするポイントを大公開いたしますよ!

 


甘い酢たまねぎ、驚きの効果


【動脈硬化】

【糖尿病】

【高血圧】

【脳梗塞】

【心筋梗塞】

【肥満】

【便秘】

【記憶障害】

【認知症】

こうした症状・病気に不安を抱いている方はご注目を!

 

たまねぎには生活習慣病に有効な成分を持っています。

それは抗酸化作用を持つケルセチン配糖体を多く含むからです。

細胞が酸化して傷ついてしまうと、生活習慣病やがんを引き起こします。

 

たまねぎはケルセチン配糖体によって、動脈硬化を予防したり改善したりできるんですよ♪

さらに玉ねぎには動脈硬化や高血圧に効果的とされる含硫アミノ酸も含まれています。

 

 

そのままでも健康に嬉しい効果があるたまねぎはあることをすると効果が倍増するんです。

それは日光を当て、加熱すること。

 

たまねぎは紫外線を浴びると、抗酸化力の強いケルセチンを作り出すという性質があります。

その量は最大8倍

紫外線に当てるために、たまねぎの皮をむいて3~7ほど日光に当てましょう。

 

次にたまねぎは薄切りではなく、みじん切りにします。

これは、酸化プロぺニルを生みだすため。

酸化プロぺニルはもともとたまねぎに含まれている成分ではなく、含硫アミノ酸が酵素と反応して発生します。

繊維を細かく断ち切ると、有効成分に変化しやすくなるんですよ!

 

最後に加熱します。

はちみつを溶かした酢にたまねぎを入れて加熱すると、辛み成分であるアリシン様物質を減らし甘味がが際立ちます。

さらに有効成分である硫化プロぺニルを増やす効果もあるんです。

 

酢をいれるのは、生活習慣病に対する効果が期待できるから。

血圧上昇を抑えたり、疲労回復効果、防腐効果などをプラスすることができますよ。

長期保存も可能です♪

 

◎詳しい作り方は本誌をチェック◎

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。