AERA(アエラ)

笠井信輔アナの妻・茅原ますみさんが初めて語る

『家族が向き合う時間をくれた』

 

アナウンサーの笠井信輔さんががんを告白し、入院しましたが

妻である茅原ますみさんが初めてインタビューに答えました。

『病院で骨盤に「影らしきもの」が見つかり、それががんだとわかった時、夫は帰宅して、「ごめんね。病気になっちゃった」と言って、悲しい顔をしたんです。私は、「いやいや大丈夫。ちゃんと向き合わなきゃね」ってサラッと言いました。そうじゃないと、彼が泣きそうな感じで。その時は会社を辞めたばっかりで、彼の中で、家族に対して申し訳ない気持ちとか、新しい仕事が順調だから中断するのは悔しいとか、いろんな感情が渦巻いていたんだと思いますね』

病気の公言は、笠井アナの意思とのことで

「何より自分は、これまで有名な方の闘病も含めて報道する側にいて、

いざ自分が病気になったときに、『そっとしておいてください』という態度を取るのはフェアじゃない」

という考えだったそう。

今回のインタビューも茅原さんは笠井アナに相談したところ、

「ぜひ受けて」と言われたそうです。

 

笠井アナウンサーは自身のインスタグラムで毎日のように投稿しています。

病気について、自分について発信することで同じ境遇の人たちが励まされたり

前向きに闘う姿を見て、勇気をもらいますよね。

 

どんなときも報道する、伝えるということを大事にしていて

アナウンサーの鑑ですね。

元気になってまたニュースを読む姿を拝見したいです。

 

茅原さんのインタビューはこちらからどうぞ。