PRESIDENT(プレジデント)

顔つきも締まる!?

【ねこ背、反り腰修正】3分間エクササイズ

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

首都大学東京大学院教授(当時)によると

「ギックリ腰になったような場合を除けば、

その原因の大半は普段の姿勢の悪さにあります」とのこと。

 

頭から足まで体の軸が1本通るような姿勢は

体のどこにもムダな負担がかからず大変理想的。

だけどそのような姿勢の人はほとんどいないそうです。

 

現代人に顕著な悪い姿勢はおもに2タイプだそう。

一つは『後弯前弯型』ともう一つは『後弯平坦型』。

 

自分がどちらなのかチェックする方法として

靴を脱ぎ、壁からかかとを5cmほど離し、壁を背にしてまっすぐ立ちます。

次に壁に頭と背中、お尻をつけた状態で壁と腰の隙間に手のひらを差し入れてみて

手のひらがぴったり入るか、もしくは手首あたりで止まるなら骨盤は通常。

 

壁と腰の隙間が広く、手のひらがすっと入る人は『後弯前弯型』

逆に手のひらが全然入らない、あるいは途中でつかえてしまう、

またはお尻が壁から離れているという人は『後弯平坦型』

 


正しい姿勢になるための修正エクササイズ


 

 

本誌では『後弯前弯型』そして『後弯平坦型』を改善するエクササイズを紹介しています。

3分ほどで終わるものなので帰宅した時などに行えますね。

私も姿勢が悪いのでやらなくては…!

詳しいストレッチの内容はこちらからどうぞ!

記事の有効期限: 2020年1月23日 Thursday