【ゴールデンレトリーバー】子犬のころにしておきたいことベスト10!!

RETRIEVER (レトリーバー)

レトと暮らしの気になる現実!

子犬のころにしておきたいことベスト10!!

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、丸ごと1冊読むことができます◆

 

不動の人気犬・ゴールデンレトリーバーをお家に迎え入れ

いざ、しつけだの、散歩だの、やらなきゃいけないことが

多すぎてどうしよう…!となっているご家庭は

少なくないのではないでしょうか。

 

そんな方に読んでほしい、

ゴールデンレトリーバーの先輩飼い主さんがすすめる

子犬の時期にしておきたいことBEST 10!!

 

上位から優先してやっていけたら、

よりよいレトとの素敵な生活になるんじゃないでしょうか。

 


子犬の時期にしておきたいことBEST 10!!


【5位】コマンドを教えること

呼び戻しのしつけ。

オヤツの入れ物を振って、音を出して教えたりするそう。

 

【4位】写真・動画の撮影

小さい頃はそのときだけ!

あとでどれだけ成長したかも見られるように

写真や動画をたくさん撮っておきましょう!

 

【3位】他の犬に慣れさせること

ドッグランで他の犬に追い掛けれられて犬が苦手になった

わんちゃんもいるそう・・

ただドッグランに入れて走り回っているのが戯れていると判断して

放置するのはよくないのですね

 

【2位】問題行動の解決

子犬の頃に直してほしい行動はそのままにしてしまうと

成長しても、変わりません。

こういうのはプロにしっかりと意見を聞くのも必要です。

 

【1位】基本的なしつけ

犬が人と暮らすためにできる行動をしつけられる

しつけ教室もあるほど。

しつけができているかどうかで、

家や外での行動が全然違ってきますね

 

6〜10位はこちらからどうぞ


やはり、しつけが1位でした。

しつけができている犬と、できていない犬では

レト自身も、家族たちも、住む環境が全然違うと思います。

 

しつけをがんばりつつ、いい思い出をたくさん作りたいですね!

 

他にも、健康のためにしていることBEST10や

7歳以上になって対策していることBEST10なども公開中!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。