【砂漠地帯】極限世界に生きる、動植物の知恵【ヒトコブラクダ】

TRANSIT(トランジット)

極限世界に生きる、動植物の知恵

 

めったに雨が降らず、乾燥した環境に生息する動物・植物たちは

どのようにして生き抜いているのでしょうか。

暑さに負けず、少ない水分をキープしているユニークな体の作りや

彼らの独特な習慣がありました。

 


ヒトコブラクダ


 

砂漠地帯に住む人間にとって、人や物資を運搬するのに欠かせないのが

ヒトコブラクダ。

 

【体の特徴】

・鼻腔を閉じることができるため、砂が気道に入らない

・血液中に水分を貯め、長期間水なしで生きられる

・一度に100Lも水分補給でき、塩水を飲んでも大丈夫

 


 

ラクダは運搬にも役に立ち、搾乳もでき、毛皮も有用。

さらには娯楽に駆り出されることもあり、人間とは密に接している動物です。

リャマやアルパカは毛皮用として飼われることが多いそうです。

 


 

砂漠地帯で強く生きる動物たち。

さまざまな動物の生体、そして植物たちの秘密などが掲載されています!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。