週刊Gallop(ギャロップ)

ディープインパクト逝く

平成の終わりを見届け、天に還る

 

7月30日、北海道苫小牧市の社大ホースクリニックで

不世出の名馬・ディープインパクトがこの世を去りました。

17歳でした。

 

28日に頚椎の手術をしたディープインパクト。

手術は成功したものの29日午前になって容態が急変。

起立不能の状態に陥りました。

 

原因を調べると、当初手術の原因となっていた部分とは違う頚椎部が骨折しており

再手術も困難なことから30日朝、苦渋の選択で安楽死となりました。

 

突然のニュースに、日本中が驚きとショックに包まれました。

 

 


 

 

現役時、全14戦に騎乗し、唯一無二の戦友である武豊騎手はこう話しました。

 

「一言では言えませんが、本当に特別な馬でしたし僕にとってはヒーローみたいな馬でした。

いつかこういう馬が現れて、自分が共にレースに出て…と思い描いていたような馬だったので

ともに過ごしている時間は幸せでした」

 


 

平成のレースを大きく盛り上げ、

世界中へ名を轟かせたディープインパクト。

晩年は首の痛みが響いて辛かったかと思いますが

天国で勇ましく駆け抜けてほしいです。