OZmagazine (オズマガジン)

【那須どうぶつ王国&神戸どうぶつ王国】

知るほどに心が和む大人の動物園

 

全国に150以上ある動物施設。

各園がその土地柄や技術を活かし、希少な動物を繁殖させたり、

種を守る取り組みを行っています。

大人になった今だからこそ、そのストーリーを知ればいつもの施設も新たな目線で楽しめます!

 


 

昨年4月、コロナ禍で休園中だった那須どうぶつ王侯の園内で

“砂漠の天使”と呼ばれる世界最小級の野生ネコ、スナネコの赤ちゃんが生まれました。

一緒に生まれた2匹は直後に死んでしまい、残る1匹も衰弱していたため

ただちに人工哺育の道が選ばれました。

 

担当飼育員の橋本渚さんはこう振り返ります。

「低体温の状態でしたので、つきっきりでマッサージなどをして体を温めました。スナネコの飼育も繁殖も国内の動物園で初だったので、一つひとつが手探りの状態でした」

 

そのとき生まれたスナネコは、アミーラと名付けられました。

アラビア語で“お姫様”という意味だそうです。

 

瀕死の状態が嘘のように、おてんば娘に成長し

妹のハディーヤとともに元気いっぱいに遊んでいるそうです。

 


 

 

那須どうぶつ王国と神戸どうぶつ王国は姉妹施設で、

スナネコやマヌルネコといった希少動物が見られることで人気です。

それは両園が野生動物の保全に力を入れているため。

 

官民一体となって保全に取り込んでいるライチョウ

日本アルプスの一部の高山帯にしか住んでいない国の特別天然記念物

温暖化などの影響で絶滅の危機に瀕していますが

自然繁殖に初めて成功したそうです。

最終目的は野生復帰、でもこれがまた大変とのこと。

 


 

コロナ禍の減収で計画がストップしかけたそうですが、

クラウドファンディングで支援が集まり、前に進むことができたそうです。

 

こうした動物たちの保全や飼育のために

多くの方が協力して助けられるのは素敵ですね。

 

動物園は、ただ動物を見るのではなく、命の尊さや野生を少しでも感じられる場所。

お子さんが楽しむことももちろんですが、大人にも普段できない勉強になるので

訪れたい場所ですね。

 

本誌では、大人にこそ行ってほしい動物園や水族館が紹介されています。