ねこ

ねこが大好きな爪とぎと綿棒で作る

ユニークアート!

 

彫刻家の白井翔平さんと、日本画家の犬丸宣子さんご夫妻による

ユニット『cotton cat(コットンキャット)』が手がける

段ボール製の爪とぎと綿棒を組み合わせた

ユニークなアート作品が話題です。

 

 

爪とぎの段ボールの穴に一本一本

色付けられた綿棒が刺さって描かれる猫たち。

 

このアート作品を作るきっかけは

目の見えない猫助のためにハウスへの階段を

段ボール製の爪とぎで作ったことだそう。

 

爪とぎをつなぎ合わせる補強材として用いたのが

竹串で、段ボールの穴に差し込んで階段お踏み板にも応用。

この竹串と綿棒の軸の部分がほぼ同じ太さに気づいた白井さんが

綿棒でも何かおもしろいことができるかもしれないと思って

作り始めたそうです。

 

立体的な猫ちゃんたちがとっても可愛らしいですね!

段ボールと綿棒という素材が温かみも感じさせます。

 

猫に関するアートは、猫好きには見るだけでほっこりして

たまらないですよね…!

私も自分の飼っている猫たちのアートを

『cotton cat』のお二人に依頼したいくらいです。

 

優しい猫ちゃんのアート作品の全容はこちらからどうぞ!