ねこ

新たなねこちゃんとの出会い。

保護動物の譲渡会へ行ってみよう!

 

ペットを飼うということは、家族が増えて

楽しい瞬間が何倍にも膨らみます。

 

ペットショップで購入するスタイルもありますが、

近年では動物愛護活動をしている団体が開く譲渡会へ行き、

実際に会った犬・猫たちを引き取るというスタイルが増えているそう。

 

 

ラコントレ・ミグノンの代表理事の友森さんは

動物愛護センターから猫や犬、うさぎを受け入れたり、

被災地での動物救護活動や、シェルターを作ったり

年間約300頭の譲渡を手がけています。

 

命拾いした子たちだからこそ、それ以上悲しい想いをさせたくはない。

無添加のフードをあげ、健康に気づかって、

大切に保護している愛息子・愛娘たちなので

譲渡した後も一生幸せに暮らせるおうちに迎え入れてもらいたい

 

今まで会った保護動物のことは全部覚えているという友森さん。

動物への愛をひしひしと感じます。

 

 

犬や猫を譲渡してもらうには、飼い主や家の環境等、条件がありますが、

保護されていた動物たちが幸せに暮らすためのもの。

 

新たにペットを迎えたい方は、

譲渡会へ足を運んでみてはいかがですか?

記事の有効期限: 2019年1月18日 Friday