ねこ

福士蒼汰、初めての猫との演技を語る

映画『旅猫リポート』

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

2018年7月に公開された映画、「旅猫リポート」の主演・福士蒼汰さんと

“猫のナナ”役・本名トムの特集記事。

 

 

福士蒼汰さんは猫と演技をするのが今回初めてだったそうで

「最初は抱っこの仕方もわからず、撮影初日に思いっきり肉球でネコパンチされました」

と言います。

 

確かに、これまで猫と親密に触れ合ったことがないと

抱っこも難しそうですね。

そこから、演技を一緒にするようになって、わかってきたことも語っています。

 

「段々、ナナの嫌がることがわかってきたんです。

抱っこするときの姿勢も、ナナが気持ちよいところに持っていってあげれるようになって。

そうするうちに距離が縮まっていったと思います」

 

もともと、犬を飼っているという福士さん。

動物、生き物との触れ合いに理解があって猫ちゃんともどんどん近くなっていけたのですね。

 

本誌では映画撮影時のエピソードを語っています!

猫と映画を撮影するのってとても大変そうですが、

福士さんなりの見解がまた優しくて素敵です!!