千利休はキリシタンだった!?クリスチャンネームは「セント・ルカ」

  • 更新日

ムー

千利休はキリシタンだった!?

クリスチャンネームは「セント・ルカ」

  応仁の乱による京都の大混乱をきっかけに始まった戦国時代。 この時代に京都以上に重要とされた地域があったそうです。 それは、現在の大阪府にある堺。 堺は日本に伝来したばかりのキリスト教、カトリックのイエズス会の街でした。   作家の加治将一氏が言うに、 「信長にしても秀吉にしても、戦国武将がイエズス会を利用してのし上がっていったのは間違いないところです」 とのこと。   加治氏は、戦国大名とキリシタン、そして千利休の関係についての著書も出している。 天下統一の背後には千利休の暗躍があったと言います。  
    千利休の本名は田中与四郎、1522年に堺で生まれました。 利休はやがてわび茶を完成させ「茶聖」とまで称されるようになります。 しかも織田信長、豊臣秀吉という日本史を代表するようなふたりの武将に 側近として仕えるので、ただの茶人ではないのがわかります。   千利休という名前は晩年に名乗っていたそうですが、 「セント・ルカ」というクリスチャンネームという意味も含まれている可能性があると 加治氏は指摘します。   本誌では千利休の生涯とともに、 キリシタンであった可能性を詳しく解説しています! ]]>