寝つきが悪い方へ…『最高の睡眠へのカギは○○ではなく○○だった!』

  • 更新日


Begin(ビギン)

寝つきが悪い方へ…『最高の睡眠へのカギは○○ではなく○○だった!』

 
寝つきが悪いのはわかっていても、何をしたらいいのやら?
そして結局そのまま次の夜を迎える…。
そんな見て見ぬフリはもうやめて、本気で睡眠改善に着手してみましょう!
 
今回は、ちゃんと眠れているのかを知れるセルフチェックと解説を紹介します。
 


ちゃんと眠れてる?セルフチェックで事前診断しよう!


 

 
以下のチェックリストは、かの『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者であり
睡眠研究の総本山・スタンフォード大学医学部の西野精治教授が監修したもの。
最新の企業向け健康経営サービスで提供される内容からの抜粋です。
当てはまるものを数えてみてください。
 
・休日の睡眠時間は平日より2時間以上長い
・気がつくと電車内やソファでうたた寝している
・朝、目覚めるのが辛くスッキリ感がない
・ベッドに入るとすぐ眠りに落ちる
・午前中に眠くなることがある
・週に3日以上眠る時間が異なる
・目覚まし時計をかけないと起きられない
 

7項目のうち、一つでも当てはまればちゃんと眠れていない可能性が大!

睡眠負債がたまって生産性が落ちる”プレゼンティズム損失”の疑い大なんだそう。
 


睡眠は、時間ではなく『質』にこだわることが大切


 
チェックリストで当てはまったものがあった方は、脳の休息が足りていないかもしれません。
この目に見えない疲労をシャッキリ回復させて、起床時の生産性を有意義なものに変える唯一の方法は、睡眠。
 
1日は24時間しかありません。
そのサイクルの中で脳をしっかり休ませるためには、睡眠時間(=量)ではなく質がカギになるんです。
 
じゃあどうすれば質って高められるの?と言うと、
スタンフォード大学他のエビデンスで、着目すべきは『黄金の90分』
入眠直後のこの時間帯は、体だけでなく脳も休む”ノンレム睡眠”へと深く没入します。
だから最初の90分の眠りの質が悪ければ、その後どれだけ長く寝ようとも、
良質の睡眠をとったとはいえないのだそう…。
 
ポイントはいくつかあり、一つは『脳の温度を下げる』こと。
そのポイント解説の詳細はこちらからお読みいただけます!