役所からもらえるお金「相続・節税・補助金・減税」

  • 更新日

PRESIDENT(プレジデント)

【令和3年 最新版】役所からもらえるお金

「相続・節税・補助金・減税」

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   今回のPRESIDENTは2021年に役所からもらえるお金が解説されています。 情報は常に変わっていくので、こちらの内容が全てではないので 本誌は参考にして、ご自身でしっかりと調査していきましょう。   ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんが解説しています。  
【補助金・支援金】きちんと確認を
  新型コロナウイルスの影響を受けて、2020年度は困った事態になった人に対して 国や自治体から様々な支援金や給付金が出されました。   困っているときに公的なお金をもらうのはわるいことではありません。 収入があるときには税金や社会保険料を払っているので 自分がもらえる条件に当てはまるときはきちんともらいましょう。   しかし、もらえるお金は、自分で申請しないと受け取れません。 定期的に自分が当てはまるものがないかチェックして 見つければ迅速に準備を始めることが大切です。   調査する場合、各省庁や自治体のホームページ、広報誌などが参考になります。 またわからないことや自分が当てはまるものがあるのかどうか確認したいときは 「こんなときにもらえるお金はありませんか?」と 直接その団体に問い合わせてみるのもいいでしょう。  
書類をそろえておくとすぐに申請が可能
  お金の申請をするには必要になる書類がいくつかあります。 収入を証明する書類… 会社員なら源泉徴収表、確定申告が必要な会社員や自営業者は確定申告書。   派遣の人はタイムカードの記録やシフト表など、働いた実績がわかるもの。 マイナンバーカードはつくっておくことがおすすめ。   さらには払ったものの記録も。 保険料や固定資産税の納付書など全部残しておきましょう。  
  本誌では、身近な悩みに応える制度の細かい解説や ローンや経費、相続などなどさまざまなお金に関する情報が解説されています。 各テーマが専門家による解説なので、ぜひ参考にしてみてください。 こちらからご覧いただけます。 記事の有効期限: 2021年7月20日 Tuesday]]>