快調な胃腸で、好調に!腸内細菌が全身の健康につながる理由

  • 更新日
  • 記事の有効期限 2022.02.28


太陽笑顔fufufu

快調な胃腸で、好調に!腸内細菌が全身の健康につながる理由

 
◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 
健康につながる、毎日の食事。
人それぞれ、健康のために食事を工夫している方もいるかとは思いますが、
遅い時間になってしまったり、急いで済ませてしまうなど、胃に負担をかける食べ方をしていませんか?
 
胃腸は食べたものを消化し、栄養を吸収する大切な器官。
何を食べるか、どう食べるかで胃腸の環境が変わり、健康を左右すると考えられています。
 
今回は太陽笑顔fufufuで紹介されている『腸活』についてピックアップします。
 


ヨーグルトだけでいい?その腸活で大丈夫?


 

 
健康作りのためにすっかり定着した”腸活”。
“腸内環境を整える活動”との意味でそう呼ばれ、ヨーグルトなどの発酵食品を摂るのがひとつの方法とされています。
腸内環境には、便通改善・美肌・免疫力の維持などが期待されていますが、
それ留まらない健康効果があるとわかってきました。
 
ただ、それを得るには、ヨーグルトのほかに摂るべきものがあるとのことです。
京都府立医科大学 大学院医学研究科 生体免疫栄養学講座 教授の内藤裕二先生が解説します。
 


腸内細菌と精神的ストレス


 
“健康のかなめ”とも“第二の脳”とも言われる腸。
腸活を考える上で重要なのが、腸の中にいる、腸内細菌。
近年世界中で『腸内フローラ』の研究が進み、腸内フローラと健康との新たな関係が次々に明らかになっています。
 
「私たちの腸には約1000種類、100兆個もの腸内細菌が生息しています。人間の細胞は37兆個ですから、その2倍以上もの数が存在しているわけです。腸内細菌の働きを知るほどに、実は身体の主は腸内細菌なのではないか、と感じてしまいます」
 
緊張する場面が控えているときなど、下痢や便秘といったお腹のトラブルを経験された方は多いと思います。
精神的ストレスも、腸内細菌が深く関わっている可能性があるそうです。
 
腸は脳と互いに影響を与え合っていることがわかっています。私が外来で患者さんを診る中で、強いストレスにさらされ精神的に落ち込んでいる人は、便通異常にも悩むケースを多く見てきました。これは精神的ストレスによって腸内フローラに乱れが生じることが原因だと考えられます」
 
ストレスから解放されればお腹の調子も改善し、悪く習う時はどちらも悪くなり、治るときはどちらも治るわけです。
腸は脳をはじめ、全身の健康と関係するということです。
腸内細菌をきちんと働かせることが、心と身体の健康維持につながります。
 
本誌では、ヨーグルト以外にも摂ると良い食品や摂り方が紹介されています。
こちらからお読みいただけます。

  • 記事の有効期限 2022.02.28