揚げ物作り苦手な方へオススメな『油淋鶏と豚肉とキャベツの四川風』レシピ

  • 更新日
  • 記事の有効期限 2022.03.12

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

1冊タダ読み!

 

見ると喉がゴクっとなり、ご飯と一緒に食べたくなる油淋鶏。

家で作る際に、塊の鶏肉を揚げるにはハードルが少し高いのも事実ですよね。

 

30年以上つくり続ける不変のレシピ

 

今回、dancyuで特集されている『新しい家中華』では家でもおいしくできる本格中華レシピを紹介しています。

その中の料理研究家の山本麗子さんが30年前に考案した『油淋鶏と豚肉とキャベツの四川風』では
誰でも失敗なく、感動的でサクサクした揚げ物を作って、油淋鶏に完成します。

揚げ物に不慣れで普段はハードルが高いと感じている方にこそおすすめしたいレシピです。

 

『油淋鶏と豚肉とキャベツの四川風』

 

 

【材料】

鶏もも肉、レタス、万能ねぎ(小口切り)、片栗粉、サラダ油

(A)醤油、紹興酒

(B)醤油、酢、砂糖、赤唐辛子(小口切り)

 

詳しい分量はこちらからご覧いただけます!

 

【作り方】

 

(1)鶏肉に下味をつける

 

鶏肉は4等分に切り、皮目を下にして、筋を断ち切る方向に1cm間隔で切り目を入れます。

こうすることで、した味がしっかりつき、火も早く通ります。

バットなどに入れてAも加え、10~30分ほど漬け込みます。

時折、裏表をひっくり返して、満遍なく味をつけます。

 

(2)レタスとタレを用意する

 

レタスは太めのせん切りにして、冷水に放ち、パリッとさせます。

Bをボウルなどで混ぜ合わせてタレをつくります。

 

(3)鶏肉に片栗粉をまぶす

 

1の鶏肉をキッチンペーパーなどに挟んで汁気を取り、揚げる直前に片栗粉をまぶします。

切り目の奥まで粉をはたくこと。

 

(4)鶏肉を揚げる

 

フライパンに深さ1.5cmの油を注ぎ、強火にかけ180度に熱します。

鶏肉を皮目から入れ、少し色づいてきたらひっくり返します。

火を弱めて、ジャーという音がパチパチとなったら強火にして、カラッとさせたら取り出します。

 

(5)盛り付ける

 

4の鶏肉を食べやすい幅に切ります。

切れ目に対して、斜めに切ると柔らかく食べられます。

器にレタスをたっぷり盛り、鶏肉をのせ、2のタレをかけ、万能ねぎを散らしてできあがり!

 


 

「味は本格的だけど、難しい作業は引き算をしているから、つくりやすくていいのよ」と山本さん。

本誌では山本さんの一言アドバイスも掲載されています!

分量も本誌でチェックしてぜひ作ってみてください!

こちらからお読みいただけます。

1冊タダ読み!
  • 記事の有効期限 2022.03.12