婦人画報

《この宿に、この庭あり》

京都に続々とオープンする宿の圧倒的魅力!

 

京都には、2018年から続々と新しい宿がオープンしています。

 

名建築家によって手がけられた美しい庭がそこに存在し

宿泊する人々を圧倒させる、

そんな驚きと感動を生み出す宿を紹介します。

 


数寄屋の名建築と茶の湯の趣を受け継ぐラグジュアリーホテル

そわか


 

大正後期から昭和初期頃にかけて築かれ

料亭として百年の歴史を重ねた数寄屋建築。

 

建築時の貴重な職人技を伝える本館、

現代の数寄を表現した新館の2つからなる

スモールラグジュアリーホテル・そわか。

 

本館の中心には清々しい庭が広がり

それを取り囲むようにして客室が配置されています。

 

趣ふかく、そしてモダンな雰囲気も兼ね備えたホテル。

一度は宿泊してみたい贅沢な眺めです。

 


 

オープンして間もない、京都の宿はこちらからご覧いただけます。