Pen(ペン)

発見を求めて、いざ台湾へ

 

台湾は今、どんどん新たな文化を作り出しつつ

古き伝統を守っています。

新しい文化や古き良き伝統が混在していても対等せず、

尊重し合えるのは台湾の人々が

どちらにもしっかりと価値を見出しているからでした。

 


台北


 

 

奇抜なデザインの建物が増えつつあるが、

その一方で独自の文化や精神は脈々と受け継がれている

 

中華文化総会という台湾の文化普及に務める団体が

若手クリエイターに表現の場を提供し、

文学や映画やアートに限らずデザイナー、商品、建築物が

生産性を追求し、職業や商業として存在することに

重きを置いています。

 

台湾の人々が文化のルーツに目覚め、価値を見出し

美を発見することが中華文化総会の狙いだそうです。

 

そうしてできた建造物は、もはや現代アート。

そういった建造物を見にいく観光客も少なくないとか。

 

台北の街並み、建造物を見たり人々の生活の一部を見てみると

新たな発見がたくさんありそうです!