【宿泊・シェアオフィス・複合施設!?】廃校にはアイデアが詰まっている!

週刊朝日

【宿泊・シェアオフィス・複合施設!?】廃校にはアイデアが詰まっている!

 

少子化や過疎化などにより、毎年500もの廃校が生まれている現状。。。

 

そんなにたくさんの学校が廃校になっているなんて

ショッキングでしたが、それを逆手に取って

校舎を活用しようとする動きが活発化しています!

 

 

★宿泊・レジャー施設

 

「西伊豆町営やまびこ荘」

1973年に廃校となった大沢里(おおそうり)小学校を利用した宿泊施設。

25mコースに流れるのは天然温泉!

泳いでもよし、くつろいでもよしの大きすぎる露天風呂です。

 

そして耐震工事や、リノベーションはされているものの

いたるところに学校らしい内装が残っており、

普通の宿泊施設とは違う気分で楽しめます。

 

「カリンパニ・ニセコ藤山」

赤い屋根の木造校舎を利用したユースホテルで外国人にも人気がある。

男女別ドミトリーや、個室があり、素泊まりもできるので

スキー利用者などにも愛用されているそうです。

 

「泊まれる学校・さる小

1日1団体の貸切で、10〜120人が利用可能な宿泊施設。

広々とした教室や校庭が使い放題!

 

 

同じ学校施設の宿泊でも、いろんな形があり、

人数や目的によって楽しみ方がさまざまですね!

 

宿泊だけでなく、シェアオフィスやものづくりに関する施設など

廃校となった校舎が有効に使われています!

記事の有効期限: 2018年12月3日 Monday

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。