TRANSIT(トランジット)

登山も料理も自然も全てが愛しいネパール

 

北は中国、南と東西はインドに囲まれた内陸国のネパール。

100以上もの民族が共存し、国民の約80%がヒンドゥー教。

 

私の家の近所のカレー屋の店員さんがみなさんネパールの人たちで

とても親切な上、たくさんサービスしてくださって

日本語もがんばって勉強しているんだろうなぁという印象です。

 

都内では結構、たくさんネパールの方とお会いすることがあります。

 

そうやって直接話したりする機会があると、

その国のことについて興味が湧きますね。

 


亜熱帯から氷雪帯まで温度と標高の差が激しい


 

ネパールといえば、やっぱりヒマラヤ山脈がパッと最初に浮かぶ人が

多いのではないでしょうか。

 

ネパールは5つの地帯に分かれていて亜熱帯もあれば、

年中氷河がある氷雪帯と温度と標高の差がとても激しいです。

ヒマラヤ・エベレストには、世界から多くの登山者が訪れ、

密着番組などもたまにやっていますね。

 

 

本誌でも、エベレスト街道を8日間歩いた記事が掲載されています。

景色も最高ですね。

 


日本人にも合うネパール料理


 

 

ネパールもお米が主食。

隣接国の中国やインドの食文化の影響も受けているものも多いそう。

 

ダルバートはネパールの国民的なワンプレート定食。

豆のスープ、お米、野菜炒めやカレーなどのおかず、

漬物など日本とは見栄えは違うもののしっかり栄養の取れそうなプレート。

 

 

登山も料理も自然も、どれも素晴らしいネパール。

まずはこの一冊から、ネパールを堪能してみてください!