ACT4(アクトフォー)

アボリジニの文化を尊重し、

エアーズロックは『ウルル』という名へ

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

オーストラリアの最北部から中央に広がるノーザンテリトリーは

大陸ならではの雄大な自然と、

一度は訪れてみたいと願う聖なるウルルを擁するパワースポット。

地球最古の継続的な文化を保持し、今も大自然とともに生きるアボリジニの故郷です。

 

世界最大級の一枚岩・ウルル。

アボリジニにとって重要な聖地であり、

近くのカタ・ジュタとともに世界複合遺産に登録されています。

レッドセンターと呼ばれる赤土の砂漠が広がる大地に突如現れる荘厳な姿に、

誰もが心打たれます。

 

 

エアーズロックという呼び名で知られてきましたが、

近年はアボリジニの文化を尊重する動きが高まり、ウルルへの正式名称変更が進んでいるそうです。

そして2019年10月26日でウルルへの登頂は禁止になりました。

 

そんな10月26日は、1985年の10月26日にオーストラリア政府から

アナング族にウルルが返還された特別な日付でもあります。

 


 

オーストラリアにアボリジニが住みはじめた時期は、一説には約5万年前といわれています。

文字を持たない彼らは、部族の掟や生きる上での知恵を神話や壁画、

音楽などで継承してきました。

現在約300の部族がオーストラリア全土に暮らしていますが、

その中でもノーザンテリトリーはアボリジニの文化が色濃く残っています。

 


 

登頂はできませんが、見て回るだけでも圧倒的な存在に感動しそうです。

今は海外へいくことすら厳しい状態ですが、

このように誌面でも素晴らしい景色を見ると感動しますね。

本誌では他の国の公園も紹介しています。

ぜひ本誌でさらに素敵な写真やレポートをご覧ください。

記事の有効期限: 2021年1月24日 Sunday