二度と撮れない絶景桜『奇跡の瞬間を求めて』

週刊ポスト

有名写真家でも、二度と撮れないと思うような絶景がある。

本誌では春の風物詩の決定的瞬間を集めました。

 


朝霧がつくりだす奇跡の一瞬


森田敏隆さんが自選したのは、山梨県の河口湖畔から撮影した一枚です。

富士の裾野にはホテル街がありますが、この写真は人工物を朝霧がすべて覆い隠してくれています。

森田さんは20年ほどこの辺りで撮影を続けているといいますが、こんな景色が撮れたのは一度きり。

辺り一面が桜と富士。

建造物が立ち並ぶ現代で、これはとても貴重な風景です。

 


上から下まで一気に満開


わたらせ渓谷鐡道の大間々駅~上神梅駅区間の線路沿いには、桜並木がずらっと並んでいます。

写真では上から下までがピンク一色。

でも実はこれ、かなり珍しいこと。

撮影された2014年は、一気に満開となった年。

超望遠レンズで狙ったことで迫力のある光景となりました!

 


東日本大震災後のお花見


撮影日は2011年4月10日。

場所は東京・浅草です。

震災直後は外出を控える人も多かったのですが、このときは桜を楽しむ余裕が生まれていました。

桜は日本人にとっての心の花です。

綺麗な景色から英気を養う姿は、前向きな日本人的性質を象徴していますね。

 


今はなき、東京・中野の野良桜


東京の片隅、一本だけでぽつんと咲く「野良桜」。

野良猫のように、美しくも野性味のある姿が魅力的です。

JR中野駅から徒歩数分の場所、廃アパートの庭にそれはありました。

見事に咲き乱れる八重桜。

 

現在、この場所にはマンションが建設中。

写真以外では、もう二度と見ることができない桜です。

 


20年待ったブルーアワーの祇園夜桜


京都の桜の名所・丸山公園の中でとりわけ有名なのが『祇園夜桜』。

観光客でにぎわうため、夜でも撮影は難しい。

狙い目は夕暮れ後の夜明け前です。

この時間帯は、空一面が青く染まることから別名「ブルーアワー」と呼ばれます。

 

撮影者の水野克比古さんは、西に満月が沈む夜明け、晴天、満開の桜、

すべてのタイミングが揃うまで、20年近く待っていたといいます。

 

 

もっと詳しく絶景桜を満喫するなら↓↓↓

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。