メトロミニッツ

東京のレトロをめぐる

廃業した銭湯をカフェにした『レボン快哉湯』

 

東京にある”古い風情を感じる”、”失いたくない・残したいもの”として

今回紹介するのは築90年の銭湯をリノベーションしたカフェ。

 

 

台東区下谷にある『レボン快哉湯』はもともとは1928年から約90年間、

銭湯として世代を超えて愛されていました。

2016年に銭湯は廃業し、2020年の7月にカフェとして生まれ変わりました。

 

古き良き銭湯ならではの下駄箱のある玄関や番台、富士山のペンキ絵などはきれいに残しつつ

室内をリノベーションし、レトロな銭湯がスタイリッシュなカフェのインテリアと見事に融合した空間に。

 


 

お店に入ると下駄箱で靴を脱ぎ、木札が鍵になった松竹錠の下駄箱に入れます。

これは銭湯と同じスタイル。

そして「女」と書かれた右の扉から中へ入ります。

目の前にはガラス戸越しに銭湯絵師の故・早川利光さんによる富士山のペンキ絵が。

そこは昔は浴場で、今はこの建物の改修を行った建築会社のオフィスです。

 

もと女湯の脱衣所にはカウンターがあり、そこにはカフェ空間が広がっています。

脱衣所とは思えないようなスタイリッシュな木とタイルの内装はほっと落ち着きます。

 

もと男湯の脱衣所にはテーブル席があります。

こちらには本棚があり、女湯と同じで脱衣所とは思えない空間です。

部屋と部屋の間には番台があり、上ることができます。

 


 

カフェで一息落ち着きながらも、銭湯の雰囲気も楽しめて

普段とは違うカフェの楽しみ方ができます。

昔の日本の建築を残しつつ、新しいサービスを導入していくのは

“レトロ”を守り、受け継いでいて素敵ですね。

 

レトロな東京の紹介はこちらからお読みいただけます。