築100年・世界遺産へ続く道の趣きある建造物はスターバックスコーヒー!?

商店建築

築100年・世界遺産へ続く道の趣きある建造物は

スターバックスコーヒー!?

 

京都・清水寺に続く道、二寧坂は石段の緩やかな坂が続く道で、

歴史を感じさせる建造物にお店が立ち並ぶ風情ある道。

 

そのお店のなかの一軒に、

より一層歴史を感じる二階建ての日本家屋があった。

 

看板を見ると、驚くことに「STARBUCKS COFFEE」と書かれている。

 

2017年6月にオープンしたスターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店、

築100年の日本家屋を使用した店舗だ。

 

いつもの緑色のイメージとは全く違う、

渋い紺色の暖簾にはおなじみのマークが濃い紺色で描かれ、

暖簾をくぐると立派な日本家屋の中。

 

 

ほんのりとしたライトアップのみで店内は暗め。

庭からの光がすこし眩しいくらいに感じるほど

落ち着きしっとりとした空間になっている。

 

 

奥の座敷と2階の座敷には靴を脱いで上がる。

まさかSTARBUCKSで靴を脱ぐとは…。

そう思いながら進むと、伝統的な日本の和室がそこにはあり、

まるでお茶をいただくように、コーヒーをいただくのだ。

 

日本各地には、その土地の風情に合った建築で

作られたスターバックスがある。

 

その街の雰囲気を壊さず、

地元の人にも、観光客にも愛される身近なコーヒー店として

スターバックスは存在する。

 

森を想起させ、都会のオアシスを表現した東京ミッドタウン店、

美しい鹿児島の薩摩切子にインスパイアされた

鹿児島仙巌園店なども掲載。

記事の有効期限: 2018年11月27日 Tuesday

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。