OZmagazine (オズマガジン)

読むだけで旅気分!書店員が選ぶ、言葉で旅する本

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

今はすぐに旅ができなくても、頭や心の中ではいつでも旅をすることができます。

その道しるべになるのが、1冊の本。

いつか行きたい旅先に思いをはせたり、旅気分に浸れたりする本を書店の店員さんに

セレクトしてもらいました!

 


世界旅行編


 

 

西荻窪にある書店『旅の本屋のまど』の店長・川田正和さんは

初めての海外旅行でアメリカを2ヶ月間周遊して以来、40ヵ国以上を巡る旅好き。

そんな川田さんらしく、店内には旅を感じさせる新刊・古本が約7000冊あります。

そこは音楽や映画、料理など幅広いジャンルが揃っています。

 

たくさんある本のなかから、おすすめの本を紹介してもらいました。

 


『旅する力 -深夜特急ノート-』沢木耕太郎・著

— — —

人は旅をする。

だが、その旅はどこかに在るものではない。

旅は旅をする人が作るものだ。

— — —

 

バックパッカーのバイブルと言われる『深夜特急』。

その制作秘話や、旅に出る経緯がつづられた1冊です。

心揺さぶる言葉で語られる冒険の裏側に、世界を旅した著者の”旅論”を感じられます。

 


『バウルを探して〈完全版〉』川内有緒・著

— — —

自分のこころを探れと。

自分の中にある聖なる場所を探し求めよと。

すべての偏見や束縛から自由であれと。

自由になって、自分自身を見つけ、人を愛せと。

— — —

 

ボブ・ディランにも影響を与えたという、

バングラディシュ・ベンガルの行者「バウル」の歌と哲学に迫った旅の記録。

生き生きとした言葉とベンガルの写真によって、現地を旅しているような気分に。

 


『離島ひとり旅』大畠順子・著

— — —

旅しているうちに”ひとり”ということが、

異文化・異世界・島の人々の人間味を

より深く感じることに繋がっていると実感したからです。

— — —

 

著者は、”離島女子ひとり旅”のパイオニア。

八丈島など30の島で出会ったユニークな島人との交流や、

のどかな風景、島ごはんなどを写真とともに紹介。

離島をひとり自由に旅する魅力を伝えます。

 


 

『旅』がテーマとなった本でも全く違っていて、それぞれに違う面白さがありそうです。

今はおうち時間が増えたことで、本を読む時間も増えた気がします。

外に出られないうちは、頭と心で旅に出ることも素敵なことですね。

 

他にも国内旅行編、シーサイド旅編、山・森・緑の旅編、新しい京都編という

さまざまなテーマで本のプロの方達が素敵な本を紹介しています。

こちらからお読みいただけます。

記事の有効期限: 2020年12月18日 Friday