日本のチーズ徹底解剖!チーズの歴史から種類、お酒に合うものまで

  • 更新日

メトロミニッツ

日本のチーズ徹底解剖!チーズの歴史から種類、お酒に合うものまで

  #チーズ といえば、世界中にいろいろなものがありますが 日本のチーズを詳しく知っていますか?   日本では戦後、アメリカ占領下でプロセスチーズの消費量が上がっていき 1963年からは学校給食に導入されました。 その後、ナチュラルチーズが輸入されはじめ、国産のチーズも製造されました。   メトロミニッツでは日本のチーズの歴史や種類、お酒に合うチーズ、 日本各地のチーズの紹介しています!  
チーズの種類
    プロセスチーズの原料はナチュラルチーズ。 そこに乳化剤などを入れて加熱、溶かして再び成形したものです。   ナチュラルチーズはチーズの製造後に加熱殺菌などをしていないチーズのこと。 乳酸菌や酵素がチーズの中で生きているため、 熟成などを経て刻々と状態が変化。 世界で1000種類以上あると言われています。  
日本のチーズ&お酒
    日本のチーズ、日本のお酒を楽しむには 方向性・強弱を合わせ、熟成度合いも合わせるといいそうです。   スパークリングワインはフレッシュタイプや白カビタイプ、 白ワインにはセミハードタイプ、青カビタイプ、 赤ワインにはウォッシュタイプ、ハードタイプが合うそうです。   日本ワインに合う日本チーズが紹介されています!  
  チーズ好きな方には興味たっぷりな記事。 詳しい内容は本誌をご覧ください! ]]>