週刊ポスト

【収穫から料理提供まで】1本1万円の国産マツタケを追え!

 

今年7月、IUCN(国際自然保護連合)が絶滅の恐れがある野生生物を記載した「レッドリスト」に

マグロやニホンウナギに続いて、松茸を初めて指定しました。

国産の松茸の生産量も近年減少の一途をたどっています。

高級食材は、さらに高級食材になっていくのでしょうか。

今回は、現在の松茸の収穫現場をレポートします!

 


マツタケ博士は入山から5分でカゴを埋めてゆく


 

 

限られた環境でしか生育しないマツタケは養殖栽培ができず、

農家の後継者不足も相まって、1941年の1万2000トンをピークに生産量は減少し続けています。

ここ数年で100トンを超えた年はなく、得に不作だった昨年は14トンだったそうです。

 

長野県伊那市の”マツタケ博士”こと、藤原儀兵衛さん(82)は

独自の栽培法を確率させ、この道60年の栽培技術を余すところなく著書にて公開しています。

 

収穫時期は毎朝7時半頃から山に入り、”シロ”と呼ばれるアカマツの周りに

マツタケの菌糸が根を張った収穫ポイントを順に回っていきます。

 

「シロからマツタケが自生するまでは5年かかる。その間に下木を間引き、生育環境を整える必要がある。軌道に乗せるまでの準備期間の長さも、若い世代がマツタケ農家を始められない理由にもなっている」

 

5年もかかる上に、やはりコツを掴むまでにも長い時間や経験を積まなくてはいけないので

若い世代の農家、引継ぎがないことがやはり問題ですね。

 


 

藤原さんの入山から5分ほどで次々にマツタケは見つかります。

枯れた松葉が一面を覆う地面に、ぽこっと隆起した場所が自生するマツタケが目印。

藤原さんは手際良く収穫し、持参したカゴはみるみるうちにマツタケで埋まります。

 

この日は約15キロの収穫量。

地表温度は適温とされる17度、生育環境が整っている割には、まだまだ少ないそうです。

 

「明日以降顔を出してくれるかどうか。今年は収穫時期が平年より2週間ほど遅れているけど、このまま不作で終わる可能性もある。マツタケのことはまだわからないことが多いね」

 

収穫できるかできないかは、本当にマツタケ次第。

生育環境が整っていても、不作になるかもしれないのはなかなか厳しいですが

たくさんの人に美味しいマツタケが届いてほしいと願うばかりです。

 


 

本誌では収穫後の仕分け、発送・出荷作業、

そして流通から飲食店での調理までも大特集しています。

マツタケ好きな方や、いつも食べることだけだった方はぜひ読んでみてください。